<< 「いわさきちひろ美術館」行ってきました〜。 | main | 宗教とプロレスの一日 part.2 >>

宗教とプロレスの一日 part.1

今日はお昼に、
恵比寿にある國學院大學院友会館で
「JFRF宗教の自由のための日本協会」主催の
『第一回・勇気ある宗教者フォーラム』
というフォーラムに招かれて演奏してきました。

いろんな宗教の方が集まっている会で、
神道から仏教からキリスト教から、無宗教の方までetc・・・。

宗教って元々はなにかな?って考えたら、
やっぱり「幸せを願う」「困っている人を助けてあげたい」
そんな願いから生まれたものかしら?(どうでしょう?)
世界中にいろんな宗教があって、争いもあって。
本来なら平和と幸せを願うはずの宗教団体同士がこうして集まってディスカッションしたりする機会があるということに私は感激しました。

この企画をしたのがお友達の「笑満ちる」ちゃん。
彼女の思いで、それぞれの宗教の第一人者たちが集いました。
そこで演奏させていただけたこととても嬉しく思います。

普段「宗教」というものについて、
日本人はあまり考えないのではないかな。
というかできれば会話から避けたいというか・・。
ちょうど私が上京してきた頃に地下鉄サリン事件があったり、そうでなくてもいろいろな・・いろいろな・・・いろいろな団体がありますので、それについて書かれたマスコミの(正確とはいえないような)情報に左右されながら、なんだか変な固定観念が付いてるなあ。
などと、今日はそんなことを感じました。

神道の先生のお話では、日本の縄文時代からの精神性の高さや、八百万の神のお話など、とーっても楽しい内容が詰まってました。
改めて、「日本という国に生まれてよかったなあ」って思いました。
スコットランド出身の外国人男性(お名前忘れてしまいました)の方もスピーチをされていたのですが、
これから環境問題が深刻化する中で、人と地球・自然とが共存していくことが大切だということ、そしてその大きな役割を担えるのが、日本の人々だということをおっしゃってました。(内容をだいぶ割愛しているのでよくわからないと思いますがたらーっ
私にとってはなんだかとても心が清められるような会でした。

演奏をすると、聴いてくださっている方々の状態が、「色」みたいに見えます。
とてもトーンが高い人たち、沈んでいる人たち、無関心なトーンの人たちなどなど、様々です。
演奏する側はそのトーンに影響されてはいけないと思いながら、やはり影響を受けます。
今日の会に出席してらした方々は、邪気がないというか、なんというか、とても演奏しやすかったんです。
今日一緒に招かれて演奏したピアニスト扇谷さんも同じ事を言ってたので、きっとそうだと思います。
すべての人の幸せを願うような人たちの集まりだったからね。氣がいいはずだねニコニコ

主催者の笑満ちるちゃんが、この会の趣旨について、
こう書いてました。
なるほどな〜って感じですよ。

***********************************************
宗教、というのは、もととなる教え、っていう意味だ。
もと、って、なんだ??
人間は、魂と肉体が合わさっているから、
その魂の部分について、それが「もと」だ。
「もと」な活動というのは、
人が人として生きるための重要な要素だと思う。

誰だって、「もと」がある。
だから、特に宗教団体に入っていない人や無神論、という方も含めて、誰だって未来に思いを馳せたり夢を描いたりすると思う。

そうした精神的「もと」なこと、すべてを大切にしたいと思う。

そして、自分がピンときた考えを、気づきを、
お互いに分かち合える仲間づくりをしていきたいと思う。

妙に気を使わずに、
本音で言い合えるってのがいいな。

***********************************************

なんだか素敵な気分でしょ♪


| 日記 | 23:57 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
僕は神様仏様のことは信じないし、目に見えないものなんか頼りにしないって思ってたんだけど、
去年一年間を生き延びたのは神様とか仏様とか誰か様のおかげさまだと確信しました。
間違いなくいるんだよ、神様は、まじで。

関係ないけど、野狐禅の「じゅうじか」って曲に彼らなり
というかかなり新しい宗教観みたいの感じました。
ビガップ。
2007/01/29 1:28 PM, from ささじ
うんうん。
ささじー、去年一年はいろいろあったのかな?
なんかさあ、人が本当にその人らしく、魂として輝いているときは、「宗教観」というか、心打たれるよね。野狐禅のパフォーマンスなんてほんとそうだよねえ。
2007/01/29 3:55 PM, from 花れん
なるほど「もと」ですか。さしずめ我々の「もと」を辿ると「地球」ですよね。ならば、垂れ流しやらを早々に止めないと・・・昨今新聞・テレビ・ラジオにweb等々を賑わす事のほとんどが、本気で「もと」をなんとかしようとすれば、すっかり解決するように思うんです。甘いか。な。
2007/01/29 9:49 PM, from ダブルH
ダブルHさん、はじめまして。
いや〜、ほんとにそうですよねえ。
まず、メディアが本気で取り組んで欲しいですね・・。
それができないのであれば、こちら側が、メディアの情報に惑わされずに自身の決定をできるようにならなきゃって思いますねえ。
2007/01/30 11:10 AM, from 花れん
「幸せを願う」「困っている人を助けてあげたい」
それはおそらく全宗教共通の願いですね!
なのになぜか宗教戦争なるものが起こる。。。
お互いの宗教を尊重しあって、無宗教の人も皆心ひとつに
他人の幸せを願って生きれば、もっと平和な世の中になりますよね^^

僕は幼稚園の時にカトリックの幼稚園に通ってましたので、
マリア様のご加護があると思ってます。別に洗礼は受けてないですが。。。でも普段身の回りで起こるあらゆる出来事から最近なんとなくそのことが分かるようになりました。
マリア様の色はピンク(ローズ)だから、花れんさんにもご加護があるのかもしれませんね^^サイトの色もピンクだし、昨日アンコールで歌った曲もROSEですしね^^
昨日、ライブを見ていて感じました。よければ下記URLに是非アクセスして頂いて、曲を聴いてみてください。僕も今日発見したのですが、とても素晴らしいです。涙が出てきます。。。

花れんさんのサイトでこのような素敵な記事にめぐり逢えたことに感謝です☆☆☆

これからもお互い人の心を豊かにできる音楽を創って、心から楽しみましょうね♪

http://goseitai-to-seibo-no-sito.web.infoseek.co.jp/avemaria%20mp3.html

ありがとうございます☆

EIGO.愛
2007/02/05 4:47 PM, from EIGO.愛
花れんちゃん!

素敵な歌をありがとう。
そして、こうして思いが重なりあって、
対話に結びついていること、
相互理解を生み出していることがうれしいです。

ありがとう!
2007/03/30 1:34 PM, from emmymichiru









Trackback
url: http://blog.karen-flower.com/trackback/348370

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM