<< このポストって・・・ | main | 宗教とプロレスの一日 part.1 >>

「いわさきちひろ美術館」行ってきました〜。

今日は、上井草にある、「いわさきちひろ美術館」へ初めて行ってきました。
映像作家の竹浪明さんにお誘い頂いて。

ちひろの絵は母が好きで、カレンダーなどを飾っていたりしたこともあって、私もとても好きです。



なんとも言えない子供の表情や手の動きの瞬間を捉えた優しい絵ですよねえ。

美術館がある場所は、生前のいわさきちひろさんが実際にお住まいになってた場所です。
アトリエも再現されてました。

今日は本当にお天気がよかったので、
光がたくさん差し込んでくる美術館でゆったりと過ごせました。



ちひろさんは庭仕事が好きだったらしく、
花をたくさん育ててたそうです。
バラが咲いてました。
彼女の絵に出てくるような、淡い色のバラでした。

今は企画展で、世界で有数のアニメーション作家である
ロシアのユーリー・ノルシュテインの絵本づくり展をやっていて、それがまたとーっても素敵でした!
これ、かなりおすすめです!!

美術館には図書館もあって、絵本がたーくさんおいてあります。


子供たちが自由に本を読んでました。
(中にはたくさんの本を本棚から一生懸命引っ張り出すことだけをやっている子供もいましたが。イヒヒ



ゆーっくり本が見れるように、こんな椅子たちもおいてありました。
ちひろさんの絵のように、触ってみたくなるような椅子でした。

お母さんが読み聞かせをしてあげてました。
私も母にいつも読み聞かせをしてもらって育ったので
思い出して、懐かしかったです。
あの体験は、今の私の想像力にとても役立っていると思います。
自分に子供ができたとしたら、やっぱり母のように
絵本を読み聞かせたり、歌を歌ったりしてあげたいなあ。

いや〜、子供が出来たら絶対この美術館に一緒に来たいですねえ。(って結婚相手もいないのに、想像だけは先走ってしまいました)
お子様がいる方、ぜひ行ってみてください!

母に送ってあげようと思って、絵葉書も買って帰りました。



木漏れ日のたくさん入るテラスにはカフェもあって、
竹浪さんとお茶を飲みながらお庭を見ました。

ちひろさんは、とても知覚能力の高い、洞察力の優れた方だなあ〜と改めて思いましたね。

誘って下った竹浪さんも素晴らしいアーティストで
おしゃべりしている中で彼の独特の世界観も垣間見れて
本当に素敵な時間を過ごせました。

竹浪さんありがとうございました〜ポッ


| 日記 | 23:55 | comments(5) | trackbacks(1) | pookmark |
Comment
すてき、すてき!

子どものころは、ちひろさんの絵は
ちょっとさみしげなタッチが怖い、
と感じていたことを思い出しました。

でも、今になるとその繊細な表情に魅力を感じます。
2007/01/28 7:17 AM, from emmy michiru
私も好きです(・∀・)
私の家にもカレンダーとかポスターとか
昔からいろいろあります(笑
2007/01/28 8:56 AM, from
花れんさん、こちらこそ、昨日は楽しく素敵な午後を
ありがとうございました!
ちひろさんの絵に囲まれて、瞳を輝かせている花れんさんは
まるで、ちひろさんの絵の中の女の子が大きくなって
抜け出てきたようでした。
2007/01/28 10:53 AM, from 竹浪 明
実際にはみたことないけど、どの絵も優しそうな目がいいよね(^^♪癒されるよね(^^♪家に一枚飾りたいです♪

花れんさんと同じで^^子供が居て近くで展示されてたら連れて行ってます(^^)/

子供は女の子が欲しいな!と、言ってもまだ彼女すらいないけど<(_ _)>


2007/01/28 1:50 PM, from 4WD
emmy michiruちゃん、そうだねえ。
ちょっと寂しげなタッチ、私も子供の頃、怖いと思ったことあったかも〜。

藍ちゃん、素敵だよねえ。
カレンダーやポスター、藍ちゃん家にもあるの?
一緒だね。

竹浪さん、お誘いいただきまして、本当にありがとうございました。
楽しかったです〜!

4WDさんもぜひご結婚されて、お子さんができたら、一度は行ってみてほしいな。
そうでなくても東京に来る機会があればぜひ。
安曇野にもあるそうですよ、美術館。
2007/01/29 1:03 AM, from 花れん









Trackback
url: http://blog.karen-flower.com/trackback/347746
ちひろの子ども歳時記・ノルシュテインの絵本づくり/インドネシア会
27日、ちひろ美術館にご招待券をいただいて、シンガー・ソング・ライターの花れんさんをお誘いし、同館で「ちひろの子ども歳時記」&「ノルシュテインの絵本づくり展」をゆったり鑑賞した。 花れんさん(左の写真)は小さい頃から、ちひろの絵に親しみ、本名・弘美さん
2007/01/28 10:54 AM, from La Dolce Vita 1/2

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM